お歳暮・冬ギフトにぴったり!可愛いデザインのし紙6選

 2020-11-05

お中元に続いてお歳暮もなじみが少なくなってます。
なので改めてお歳暮について確認してみたいと思います。

お歳暮って?

お歳暮は、日頃お世話になっている方々に対した1年の締めくくりにお礼の気持ちとして贈るものです。

お歳暮の由来は?

お中元と同様、古代中国から伝わった道教の「三元」から由来しています。「三元」とは、1月15日「上元」、7月15日「中元」、10月15日「下元」のことをいい、天の神を祭る日としていました。これに日本古来の祖先の霊を供養する行事がまじって定着したのがお中元やお歳暮となります。

お歳暮は当初、お正月に先祖の霊をお迎えする御霊祭りのお供え物として親や親せきに送られていました。それが明治時代に入ると、お得意様やお世話になっている方にもお歳暮を贈る習慣が定着しています。

お歳暮の名前は、年の暮れになると日頃からお世話になっている人に感謝の気持ちを伝えるための「歳暮回り」という行事が行われており、その時の手土産が「お歳暮」と呼ばれるようになったそうです。

ですので、歳暮は、年の暮れを表す季語となっています。

お歳暮を贈る時期は?

お歳暮は本来、12月13日~12月20日までに贈るべきと言われています。しかし、現在では関東地方を中心に11月のうちからお歳暮の準備を始め、11月末に発送する方も増えているようです。
地方によって贈る時期は異なります。
関東の場合、近年は11月末に贈ることも増えてきているものの、12月初旬~12月20日前後が一般的なお歳暮の時期です。北海道、東北、北陸、東海、関西、四国、九州地方では12月10日前後~20日前後までにお歳暮を贈ることが多いです。
沖縄は少しお歳暮の時期が長く、12月初旬~25日前後までとされています。

このように地域によって前後しますが、12月末は贈る相手が年越しの準備や帰省などで忙しくなることも考えると、お歳暮の品物は20日辺り、遅くとも25日までには届くように手配すると良いでしょう。

お歳暮の時期に間に合わなかったときは?

のし紙の表書きを「お年賀」に変えることで対応できます。
この場合、関東では1月7日の松の内までに、関西では1月15日までに届けられるように贈ります。

その時期も過ぎてしまうようであれば、表書きを「寒中御見舞」または「寒中御伺(おうかがい)」として、大寒を迎える2月4日までに品物を贈るようにします。

三平堂ネットショップではお歳暮・冬ギフトに合わせたデザインのし紙を6種類 用意しております。
ネットショップで注文の際に「ギフトサービスを利用する」を選択し、希望のし紙を選んでください。

可愛いデザインのし紙6選

御歳暮(デザインのし・雪輪)
手焼き煎餅(せんべい)三平堂のお歳暮・冬ギフトにぴったりなのし紙デザイン雪輪
大きな雪輪を使った「のし紙」です。雪輪の中には和柄の紋が入っています。

御歳暮(デザインのし・市松)
手焼き煎餅(せんべい)三平堂のお歳暮・冬ギフトにぴったりなのし紙デザイン市松
カラフルでかわいい!市松模様のカラフルなビタミンカラーで明るくイラストでデザインされている「のし紙」です。

御歳暮(デザインのし・市松緑)
手焼き煎餅(せんべい)三平堂のお歳暮・冬ギフトにぴったりなのし紙デザイン市松緑
デザインは人気の和柄で緑(萌黄(もえぎ)色)で描かれている市松模様となります。とある漫画を彷彿とさせる色です。

御歳暮(デザインのし・花)
手焼き煎餅(せんべい)三平堂のお歳暮・冬ギフトにぴったりなのし紙デザイン花
花を水彩画風に配置した可愛らしい「のし紙」です。

御歳暮(デザインのし・花吹雪)
手焼き煎餅(せんべい)三平堂のお歳暮・冬ギフトにぴったりなのし紙デザイン花吹雪
花模様が散らばめられたピンク背景の可愛いデザイン「のし紙」です。

御歳暮(デザインのし・南天)
手焼き煎餅(せんべい)三平堂のお歳暮・冬ギフトにぴったりなのし紙デザイン南天
南天のイラストを描いた、色鮮やで優しい雰囲気のデザインのし紙です。