お歳暮・冬ギフトにぴったり!可愛いデザインのし紙6選

 2020-11-05

お中元に続いてお歳暮もなじみが少なくなってます。
なので改めてお歳暮について確認してみたいと思います。

お歳暮って?

お歳暮は、1年の締めくくりに日々のお礼の気持ちとしてお世話になった方々に感謝の気持ちを贈るものです。

お歳暮の由来は?

お中元と同様に、古代の中国から伝わった道教の「三元」に由来します。「三元」とは、1月15日の「上元」、7月15日の「中元」、10月15日の「下元」のことをいい、この日は天の神を祭る日としていました。これに日本に昔からある祖先の霊を供養する行事とが相まって、お中元やお歳暮となりました。

お歳暮は当初は、お正月に先祖の霊をお迎えする御霊祭りのお供え物として親や親せきに送られていました。それが明治時代に入り、お世話になった方、お得意様にお歳暮を贈る習慣が定着していきました。

その後、「歳暮回り」という形で年の瀬に手土産を贈る行事が慣例となり、その時の手土産が「お歳暮」と呼ばれるようになったそうです。

お歳暮を贈る時期は?

昔は正月事始めの時期にお歳暮を贈り、日付で言うと12月の13日から20日の間になりますが、現在では贈る時期も早まってきています。昔と違って年末が差し迫ると何かと忙しくなりますからね。最近では、11月末に発送する方も多くなっています。

地域によっても異なってきます。
関東の場合は、11月末と早いことが多くなっていますが、北海道・東北・北陸・東海・関西・四国・九州地方では12月の10日から20日頃までに贈る方が多くなっています。
沖縄は、12月初旬から25日頃までとお歳暮の時期が長いことが特徴です。

このように贈る地方によってもお歳暮の時期は変わりますが、どの地方でも年末に近くなると贈る相手が帰省などで不在になったり、年越し準備などで忙しくなることなどを考えると、20日、遅くとも25日頃までにはお歳暮の品物が届くように手配するのが良いです。

お歳暮の時期に間に合わなかったときはどうするの?

「お年賀」に変えて贈るのが良いです。
「お年賀」の場合の贈る時期は、関東ではお正月(大正月)1月7日までに、関西では小正月の1月15日までとなります。

年末年始が忙しくてお年賀の時期も過ぎてしまったときは、表書きを「寒中御見舞」または「寒中御伺(おうかがい)」として送るようにします。その場合は、立春(2021年は2月3日)までに贈るようにします。

三平堂ネットショップではお歳暮・冬ギフトに合わせたデザインのし紙を6種類 用意しております。
ネットショップで注文の際に「ギフトサービスを利用する」を選択し、希望のし紙を選んでください。

可愛いデザインのし紙6選

御歳暮(デザインのし・雪輪)
手焼き煎餅(せんべい)三平堂のお歳暮・冬ギフトにぴったりなのし紙デザイン雪輪
大きな雪輪を使った「のし紙」です。雪輪の中には和柄の紋が入っています。

御歳暮(デザインのし・市松)
手焼き煎餅(せんべい)三平堂のお歳暮・冬ギフトにぴったりなのし紙デザイン市松
カラフルでかわいい!市松模様のカラフルなビタミンカラーで明るくイラストでデザインされている「のし紙」です。

御歳暮(デザインのし・市松緑)
手焼き煎餅(せんべい)三平堂のお歳暮・冬ギフトにぴったりなのし紙デザイン市松緑
デザインは人気の和柄で緑(萌黄(もえぎ)色)で描かれている市松模様となります。とある漫画を彷彿とさせる色です。

御歳暮(デザインのし・花)
手焼き煎餅(せんべい)三平堂のお歳暮・冬ギフトにぴったりなのし紙デザイン花
花を水彩画風に配置した可愛らしい「のし紙」です。

御歳暮(デザインのし・花吹雪)
手焼き煎餅(せんべい)三平堂のお歳暮・冬ギフトにぴったりなのし紙デザイン花吹雪
花模様が散らばめられたピンク背景の可愛いデザイン「のし紙」です。

御歳暮(デザインのし・南天)
手焼き煎餅(せんべい)三平堂のお歳暮・冬ギフトにぴったりなのし紙デザイン南天
南天のイラストを描いた、色鮮やで優しい雰囲気のデザインのし紙です。