ホームページリニューアル裏話

 2020-01-11

既にお伝えしていますが、ホームページリニューアルです。

今回ホームページをリニューアルするにあたり、
テンプレートは使用していますが全て自身で作成しました。

なのでプロの方から見るとまだまだな部分あるかと思いますが、
個人的には出来上がりに満足しています。
前よりはだいぶ三平堂らしいホームページになったと思っています!

11月くらいから着手して約2か月程度かかりましたね。
以前お伝えしたように、Wordpressというのに変更したので、
全て新しい環境でのホームページ構築となったので、
やりたいことを1つずつ調べながら作ったのでかなり時間がかかりました。
でもこういうコツコツ作業嫌いじゃないので結構没頭できました。

特にこだわったのは、トップページのスライドショーの写真とデザイン
三平堂を写真5枚とメッセージでいかに簡潔に伝えるか、
結構考えました!
これまで色々撮ってきた写真が役に立ちましたね。
これ、実はPCで見る場合とスマホで見る場合でデザインと一部写真が違っているのです。
両方で見ると違いを楽しめます。

また、今回初導入の360度画像
これはホームページ更新途中で思いついたネタです。
たまたまGoogleマップで見たものを店舗紹介に使えないかということで、
画像にコメントを付けて、より視覚的に三平堂店内を表現しました。
これで店舗に来たことがない方でも三平堂の雰囲気が味わえます。

もう1点が手焼き煎餅のライブ配信
これは新しいホームページ作成の初期から構想としてはありました。
こういうホームページって内容が変わらないので、見る側としては面白くないなーと思っていました。
そこで、日々更新できるようなネタはないかと思いライブ配信を思いつきました!
ですが手段がわからずお蔵入りしそうな時に、今行っている職場での知識が役に立ちました。
ただ、まだ完成していないので現在準備中です。

一山二山あり、結構大変でしたが、
色々勉強になり、楽しいホームページ作成でした!

以下はもう少し細かい話、興味のある方はどうぞ。

360度撮影

前からFacebookではちらほら見たことありましたが、利用価値が今一つ見いだせなかったところ。
今回はお試しということでレンタル機で試し撮りです。
借りたのはRICOH THETA Vという機種。
カメラの両側にレンズがあって、上下180度以上をカバー、その2つの画像を合成して一枚の写真にカメラが仕上げてくれます。
既に対応しているFacebookとかではそのまま画像をアップすればグリグリと360度画像をいじれます。
Youtubeはmetadate埋め込みなどちょっとひと手間必要。
スノボの動画撮影にも使えそう!

ライブ配信

手焼き煎餅の動画を配信したら面白いかなと考え、
どうせならライブ配信の方が楽しいだろうと思いました。
そんな中今の職場でGstreamerというのに出会いました。
これはWebカメラで取得した映像をRTMPで配信できるソフト(ツール?)です。
これを使うとYoutubeにコマンドでWebカメラ映像が配信できます。

WordPressのベーステンプレートの選定

WordPressを利用することは決めていたので、ベーステンプレートの選定から。
これもいろいろなテンプレート使ってみて自分の作りたいイメージにあうかを1つずつ確認するという地味な作業。
初めてなので仕方ないですね。
今回はLightningというテンプレートを選定し、それをカスタマイズしています。

レンタルサーバーの選定

続いてレンタルサーバー。
前はサーバー込々のものだったので意識してませんでしたが、
今回はホームページデータを入れるサーバーを立てるところから始まります。
これはネット情報検索で調べ、最終的にXSERVERに決めました。
ただし、これまで使っていた、ドメイン名(sampeido.com)を使うにはドメインの移行が必要です。

国内シェアNo.1の信頼性で選ぶなら
サーバー性能の高さで選ぶなら
コスパの良さで選ぶなら

ドメイン移行

ということでドメイン移行です。
まずは元のJIMDOにドメイン移行を伝えて、オースコード(認証コード)を取得します。
その後、移行先でドメイン名、オースコードを使って移行を申請します。
すると一週間くらいで移行が完了です。
その後、ネームサーバーの変更を行うとホームページの表示が新しいものに変更になります。

常時SSL化

SSLは、 Secure Sockets Layerの略で、送受信しているデータを暗号化する通信手順です。ウェブサイトのアドレスに鍵マークがついたhttps://~で始まるものはSSL化されたサイトとなります。
SSL化されていないとブラウザによっては警告が出たりします。
SSL化するためには、
・SSL証明書の設定
・サイトアドレスの変更
・httpアクセスをhttpsへ転送する設定
・サイト内httpアドレス(画像リンクなど)のhttpsへ変更
が必要になります。

以上、ホームページリニューアルの裏話でした。