これまでのスノーボード板

 2020-07-20

20数年スノーボードやっているといろんな板に出会い、あちこち寄り道します。

最初がグラトリから始まり、
カービングに目覚め、それなりに本気で取り組んでました。
その時に、
JOINTキャンプに入ったり、会田次郎さんのオフトレに参加したりと
結構頑張ってました。
オフトレのトランポリンが楽しかった!
JOINTキャンプではラマさん(平間和徳さん)にもコーチングしてもらいました。
当時は、NOVEMBERの板(名前忘れた、鳳凰みたいな絵の)に乗ってましたね。

その後、パークにハマり、
キッカー、ボックス、ジブとパーク三昧!
山崎勇亀さんのパークキャンプとか入りましたね。
ハイクしてのひたすらキッカー練習、飛んだ時の浮遊感がたまらない!
このころの板はツインチップ、LIBTECHのスケートバナナ 152cm。
3世代続けて乗りました。
当時は滋賀にいましたが、パーク求めて滋賀から妙高の池の平スキー場まで行ってました。
片道500㎞!
今では考えられない!!

年を取ってくるとケガが怖い。
レールの鉄の棒とかに向かえない!
なので楽しみがまたカービングに戻ってきました。
板もガラッとかわってオガサカのFC 154㎝。
スピード狂です。
これはこれでぶつかると結構怪我します。

カービングしてるももっと板立てたい!
ってことでGRAYのDESPERADO 161cmに。
チタン入りのワイドモデルを選択。
ワイドだとドラグ(足先が雪にとらわれちゃうこと)がしにくくなります。
これはこれで楽しいのですが、
滑る場所・コンディションを選ぶというか、
一枚の板でカービングもパウダーも楽しみたくなってきました。
乗り換えたりすると大事な一本を逃しちゃいます。

てことで来シーズンの板はJONESのHOVERCRAFT 152cm!
カービングもパウダーも楽しく乗れるみたいです。
たまたま行ったムラサキスポーツで半額セールやってたので、昨年モデルをゲット!
持ってます!
早速オフトレでもお世話になったキャラファクトリーさんにメンテナンスをお願いしました。
早く乗りたい!